あっとすしでほっとして

父の日に箸置きと箸袋を手作り 豪勢気分でおもてなし!

   

  
263 父の日おもてなしTop
 
  
父の日に贈るものを悩みますが、意外と本人はプレゼントに興味がなくて、一番うれしいのは”気持ち”という統計が出ています。
  
それでは気持ちを贈るとは、どんなことをすると喜ばれるのでしょうか?人によって嬉しいポイントが違うので、これだけ押さえれば!という解決策はありませんが、アイデアのヒントとして、手作りで外食気分の贅沢を味わって貰うというのはいかがでしょうか?
  
手作りで箸置きと箸袋と手料理で、自宅おもてなしプチ贅沢の紹介です。
  
 

スポンサードリンク

 

父の日には料理でサービス

冒頭でご紹介した通り、父の日にプレゼントされる側の父親は、あまり”贈られる品”に興味がない人が多いんです。
 
昔発行された「雑誌Let’s Enjoy Tokyo」の父親に対してのアンケートでも、プレゼントをされた以下という質問に対して、欲しいという回答は約20%、気持ちだけという回答は約30%、欲しいとは思わないけど貰えたらうれしいという回答が約50%と出ていました。
 
 
その中で、うれしかったエピソードに「いつも通りの夕食の後のサプライズプレゼント」「幼稚園などで初めて父の日グッズを作ってくれた時」「子供達だけで料理を作ってくれた」「品物はどうでもいいけど、祝ってくれる気持ちが嬉しかった」「バイトをしたお金でプレゼントをしてくれた」
 
このような感じで、プレゼントの内容は2の次で、何かをしてくれようとする行動や、気持ちがうれしいというお父様が多いということです。さて、ご紹介した中で「料理」「手作りしてくれたグッズ」に焦点を合わせていこうと思います。
 
  
 

〇どんな料理が喜ばれる?

さて、父の日の料理といっても、プレゼントと同じくらい難しい問題ですよね。だって、肉好きやサラダ好き、魚好き、パスタ好き、おつまみ大好きなど好みは分かれるわけですから、何が喜ばれる?と聞かれても答えられないんです。
  
 
そこで、先ず最初のステップは、「何が好き?」ということを調べてください。その日は好きなもの尽くしです!
 
次には「何を食べたい気分?」に合わせて、自宅で大量に作っておもてなし!
最期に、食べたいものは?と聞かれると、何でもいいと答える人がいますよね。こんな人には「何を作ってあげたい?」と、自分が作ってあげたいものを気持ちを込めて作ってあげることです。
 
 
また、子供の年齢はそれぞれ異なりますが、母と子供で、もしくは子供だけで料理を作って、お父様を接待するというのは一番安上がりで、一番大変で、一番喜ばれるのではないでしょうか?
 
高級腕時計をもらうよりも、有名ブランドのネクタイをもらうよりも、家族に大切にされていることが実感できることに比べれば、殆どのプレゼントは安物にしかならないと思います。
 
因みに、医者から食制限されていなければ、食べたいものを食べてもらう!ということで、お父様の人気料理は、ずばり!豪勢に見える料理!肉料理!品数の多い料理!などです。
  
 

スポンサードリンク

 
  

父の日には子供と手作り エビの箸置きの作り方

エビの箸置きに、エビの塩焼き、エビの天ぷら、エビチリ、伊勢海老の丸焼き・・・エビ尽くしなんていかがでしょうか?そんな話はさておき、早速作り方を紹介しますね。

※画質が悪いのは・・・ごめんなさい。ご愛嬌ということでご了承くださいね!
 
 
263 エビ完成イメージ
  
 
1、15cm x 15cmの折り紙を使用。これを三角形に半分に切ってください。➀から➂は線をつけるだけ。➂で上に開きます。
263 エビ1
  
2、➅の赤線の通り、内側に折ってください。
263 エビ2 
  
3、➆はちょっと分かりづらいですけど、赤丸の部分は”内側だけ”赤線に沿って折ってください➇は折り返す。➈はそれを繰り返すだけ。
263 エビ3
 
4、➉は縦に半分に折って、横に向けます。⑪の髭の部分は、鉛筆などを使ってお好みで丸みをつけて完成!
263 エビ4
 
 
 

父の日には子供と手作り 箸袋の作り方

きれいに作れるかは腕次第ですが、お店のように箸袋に包んで箸を出すだけで、ちょっと贅沢気分を味わってもらいましょう!
 
1、1/4づつ、2回下へ折って、?で裏を向けます。
263 箸袋1

2、?は角を折り返して?のようにします。裏返して?のようにしたから折り返す、左端を折り返す。
263 箸袋2
 
3、⑧のように表に返して完成!
263 箸袋3
 

完成はこちら↓ 因みにランチョマットと割りばしは手作りではありません。
263 父の日おもてなしTop
 
 
 

まとめ

いかがでしょうか?箸置きと箸袋を手作りして、料理を出すだけでもちょっと雰囲気が変わりますよね。
これなら子供でも折ることが出来るし、お父様へおもてなしをすれば、楽しい父の日ディナーを過ごせるのではないでしょうか?
 
それでは、良い父の日をお過ごしください。
 
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 夏の行事