あっとすしでほっとして

暑さ対策に窓用と壁掛けエアコンどちらがお得?追加の対策は?

   

  
259 暑さ対策に窓用と壁掛けエアコンどちらがお得?Top
  
 
夏に必需品のエアコンには窓用と普通のエアコンがありますが、どちらの方がお得なのでしょうか?もし緊急で取り付けるならどうします?
また、エアコンに頼らないで、自分で簡単に出来る対策はなにができるか、そんな暑さ対策とエアコンとお手軽対策の紹介です。
  
 

スポンサードリンク

  

家の暑さ対策 エアコンを取り付けるなら?

この時代エアコンがあるのは当然ですが、古い賃貸など未だに無いところもあるし、建築構造状取り付けられない場合もあります。
また、持ち家でも追加でエアコンを入れたいとか、緊急で安いエアコンが欲しい場合など、色々な場合がありますよね。そんなときどんなエアコンを入れようか、何が安上がりになるのかなど悩むと思います。
 

〇窓用エアコン
良い点
・工賃がかかりません。説明書が入っているので、自分で取り付けができます。急がなくても1日あれば取り付けは完了するでしょう。
 
※例えばプラモデルのように、組み立てる時間に個人差があります。1日というのはあくまでも目安と思って下さい。
 
・本体自体は3万円~5万円くらいで売っているので購入し易いです。
 
・いらなくなったら取り外しが簡単
欠点
・電気代が普通のエアコンに比べてやや高くなります。
 
・窓が閉まらなくなるので、追加で防犯対策が必要。
 
・音がややうるさい
 
・窓ガラスの枠にはめるので圧迫感がある、部屋が暗くなります。
 
 

〇普通のエアコン

取り付け工事を業者に頼むと5000円~10000円くらいはかかります。ただし購入先の電気屋では工賃込みというところもあるので、確認や交渉してみてくださいね。

良い点
・室度設定・タイマー・除湿・空気清浄機能など、細かな機能など窓用エアコンより使い勝手が良い。
 
・電気代が窓用エアコンより安い
 
・窓が塞がれないので、圧迫感を感じないで生活できる。
 
・運転の音が静か。
 
・夏冬使える
 
欠点
・エアコン本体が窓用エアコンより高い。安くて4万円くらい、通常は大雑把に約10万円くらい掛かります。
 
・壁に穴を開けるなど、取り付け代が別途かかる。
 
 
 
こうしてみると、普通のエアコンと窓用エアコンの初期費用が倍~3倍違いますが、長期間使う場合、快適具合、使い勝手の良さ、電気代の安さなどを考えると普通のエアコンの方が良いんです。

ただし学生の間の数年間や、引っ越しの多いビジネスマンなどが仮住まいをするなど、数年後には必ず引っ越すということが前提なら、工事の手間がいらない持ち運びのできる窓用エアコンもいいでしょう。
 
 

スポンサードリンク

 
 

家の暑さ対策で他に簡単に出来ること?

既にみんなが行っていることですが、光を遮る事や、風通しを良くしたり、扇風機を使うなどがあります。

 
・遮熱カーテン
 
・ガラスにスモークを貼って室内から防ぐ
  
・外には、よしずや立て簾(すだれ)をかけて直射日光を防ぐ。
  
・2か所以上窓を開けて、扇風機も使いながら風通しを良くする
    
・扇風機の前に凍らしたペットボトルや保冷剤を置いて、冷えた風を作り出す。
  
・庭に気を植える、窓の前に植物をおいて日陰を作る。
 
・霧吹きを吹きかけて内輪で扇ぐとそこが冷えます。これは気化熱を取る方法ですが、扇風機で同じことをしたら簡単にできそうですね。気温が2~3°下がるといわれていますが、気温が下がってもすぐに元に戻るので、こまめに行う必要があります。
 

 
 
 

家の暑さ対策に除湿の効果は?

暑さ対策によく試されるのが「湿度」を下げることです。海外は気温が高くても、湿度が低いから日陰に入れば涼しいといわれているますよね。これと同じとこです。
 
それは事実なんですが、同じことを部屋で行って効果があるのでしょうか?実は除湿器は湿度を下げて、室温を上げます。吸い取った熱をまた室内に吐き出すので、マイナス(?)効果も付いてきてしまうんです。
もう一つ、実は電気代が馬鹿にならないんです。だけどなにもやらないより、やった方がマシというのも事実。
 
気温の下がる夜には効果が期待できます。一定時間、エアコンと除湿器を別々の部屋で稼働させても効果が上がります。また、除湿器と凍らししたペットボトルと扇風機を同時に活用なんていうのもいいですよ。
  
 
もう一つ、お手製除湿器を作ります(?)。締め切った部屋に、大き目の凍らしたペットボトルを受け皿の上に置いておきます。ボトルの周りに水滴が付きますよね。これが温度差による除湿効果なんです。つまり凍ったボトルを置いておくだけで除湿効果が得られるというわけなんです。
ただし欠点は部屋の温度は上がるので、「湿度↓・温度↑」という残念なことにもなりかねません。こんな時は扇風機も一緒に活用するなど、一工夫してください。
 
 
 

最後に・・・

エアコンを使えば室温が下がります。でも電気代も上がるという逆効果もありますよね。
こんな時は、24時間稼働させる方が安く済みます。室温は26°~28°に設定、外気が入らないように気を付けながらつけっぱなしにしておきます。
 
電気を一番使うのは、温度を大きく変化させるときです。エアコンのスイッチを入れて一定温度になるまでが一番電気を使うんです。
つまり、冷房のときは冷やし始め、暖房のときは温め始めが要注意!この時使うW(ワット数)は一定温度を保つ時の2~3倍、電気代に加算すると2倍くらい変わってくるんです。だからエアコンを動かしたり、止めたりしていると電気代がかかるというわけなんです。
 
でも、家によって日光の入ってくる量、隙間から外気が入ってくる量、窓の隙間の大きさなどが大きく変わってくるので、電気代は誰でも半額になるわけではありません。目安として頂ければ幸いです。
それでは、効率のいい快適な生活をお過ごしください。
  
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 生活情報