あっとすしでほっとして

筑波実験植物園とはどんな所?夏休みの見所と行き方の紹介 

   

  
256 筑波実験植物園とはどんな所?Top 
 
   
筑波実験植物園の名前を聞いたことない人も多いと思いますが、関東でもオススメの一生懸命見て回らないノンビリ植物園なんです。
  
しかも、この植物園は国立の施設で、上野の国立科学博物館の活動の一部でもあるんですよ。そんな植物園の紹介をしますね。
  

スポンサードリンク

  

筑波実験植物園ってどんなところ?

「筑波実験植物園」の”実験〇〇”と聞くと、怪しげな研究施設と科学者が勢ぞろいして堅苦しそうな場所のイメージがありませんか?
  
確かに、ここは国立の植物研究機関で、1976年に建てられた施設です。世界中の色々な植生の生態や形態を調べながら、収集・保全することで、絶滅危惧種の保全活動と一般展示、学習のための展示栽培などを行っているんですよ。
そして、冒頭でもご紹介した通り、上野の国立科学博物館の自然研究活動の一部なので、上野国立科学博物館に常設展示されている植物関係の多くは、この筑波での研究のたまものなんでしょう。
  
そしてこの施設に行ってみると”怪しげな所”ではなくて、芸術的や観光向けに艶やかになんて飾りっ気が少ない、本当に植えて育てて成長を見ている、そんな場所なんです。
だから、自然の中を散歩に行こう!くらいの気分でノンビリしてきてくださいね。
  
  
さて、どれくらいの植物が植えられているかというと、「標本庫」という非公開施設には、約150万点を超える標本が収められているといわれています。
そして、「一般公開」されている植物園には、日本国内・海外の植物など約7000種以上が植えられていて、その内、約3000種が見ることができます。
  
 
マップの通り、それぞれ植生ごと分けて植えられているので、それぞれゆっくり見てくださいね。※解像度が低くてごめんなさい。クリックで別画面が開きます。
  
256 筑波実験植物園とはどんな所?園内マップ
出典:筑波実験植物園
  

入園料:310円/大人、無料/高校生以下
夜間天体観望:310円/大人、無料/高校生以下
開園時間:9:00~16:30(入園は16:00まで)
休園日:祝日・休日の翌日、年末年始
  

スポンサードリンク

  

筑波実験植物園の夏休みのイベントと天体観望

この植物園のおすすめは、イベントがあるときだと評判なんです。夏休みに入る頃のイベントは「夏休み植物園フェスタ」。
  
「夏休み植物園フェスタ」
開催時期は毎年、7月第3週頃から8月の1週目・最初の日曜日くらいまでです。
  
「天体観測」
毎月第2土曜日に開催。50cmの反射望遠鏡で各季節の天体を観測できます!雨天曇天の時は中止、つまり晴れた夜だけ開催。
開始時間は、日が暮れてから約2時間。だから季節ごと時間が違うので、日の入り時刻をチェックしておいて下さいね。
  
日の出・日の入り時刻・今日の星空⇒ 「国立天文台天文情報センター」をご参照ください。 
 
 
 

筑波実験植物園の電車とバスと車の行き方

茨城県つくば市へ向かうには、「車」「電車とバス」「高速バス」の3方法があります。
 
車で行くなら
常磐自動車道・桜土浦I.C.から約8km。無料駐車場(120台)
 
電車で行くなら
・つくばエクスプレス
秋葉原駅→ つくば駅→ 路線バス・筑波実験植物園 
・JR常磐線
上野駅→ ひたち野うしく駅・荒川沖駅・土浦駅→ JRバス・つくばセンター
 
※電車の所要時間は、秋葉原駅・上野駅から片道約45分かかります。
 
高速バスで行くなら
東京駅(八重洲南口)→ つくばセンター 片道約1時間
羽田空港→ つくばセンター 片道約80分
 

 

 
お問合せ先
筑波実験植物園
〒305-0005 茨城県つくば市天久保4-1-1
TEL: 029-851-5159
  

  
 

最後に一言

折角筑波まで行くんだからもっと遊びたいという人は、こちらの「観光情報」を参考にしてくださいね。
そうそう、植物園内での飲食はダメなんです。また、観光地によくあるちゃんとしたレストランはありません。近くのお店で食べるか、お弁当を持参して、植物園の決められた場所で食べてください。
 
それでは、筑波の植物園を楽しんできてください!
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 旅行・観光