あっとすしでほっとして

きゅうりの漬物 ピクルスは5分で作れる!簡単レシピの紹介

   

 
251 ピクルスTop
 
きゅうりの漬物は手間が掛かりそうだけど、生のきゅうりは飽きた。そんなときには手間をかけず短時間で作れるピクルスはいかがでしょうか?
 
ピクルスを漬けるなんて面倒くさそうなイメージがありますが、身近なもので簡単に作れるんです。そんな5分で作る、ピクルスの簡単レシピを紹介しますね。
 
  

スポンサードリンク

 

きゅうりの漬物 ピクルスの簡単な作り方

「用意するもの」と「作り方」を紹介します。
先ずは「用意するもの」を並べておいてくださいね。
たったこれだけの調理器具とあとは食材だけですよ。
 

〇用意するもの
― 必要なもの ― 
手鍋 
ビン 密封できる物
スプーン 分量を量るため
 
― 食材 ― 
きゅうり 1本
酢 200ml(1カップ)
水 100ml(1/2カップ)
胡椒粒 大1/2
マスタードシード 大1/2
ローリエ 1枚
ニンニク 1かけ
赤トウガラシ 1本
ローズマリー 一つまみ
塩 10g
砂糖 5g
  
 

〇作り方

今回は、きゅうりのピクルスとセロリのピクルスを作りました。
  
1、100円ショップで売っている密封できるビン(左)と、*トマトソースの空きビン(右)を利用します。
 
逆光で見づらくてごめんなさい・・・。
251 ピクルス1

熱殺菌が終わった、密封できるビンと空きビンを使用
251 ピクルス2

※トマトソースは北米で定番の「Classico」のビンを使用しました。なぜこの空きビンかというと、この瓶には”oz(オンス)”表示が16ozまで付いているので、再利用前提で作られているんです。(1oz = 29.57ml)
でも、今回のピクルス作りには関係ないんですけどね・・・・。
 
2、鍋に「酢・1カップ」「水・1/2カップ」「塩・10g」「砂糖・5g」x2を入れて沸騰。(2ビン分)
 
この時に、「ニンニク・スライス」「粒胡椒」「マスタードシード」「ローリエ」「赤トウガラシ(種をだしたもの)」を入れても構いません。
でも、2ビン分以上作るときは、これらを分けてビンに入れるのに手間がかかります。251 ピクルス3だから今回は「鍋」に入れません。
 
3、「ニンニク・スライス」「粒胡椒・大1/2」「マスタードシード・大1/2」「ローリエ・1枚」「赤トウガラシ・1本」「ローズマリー・一つまみ」をそれぞれビンに入れます。
251 ピクルス4
   
4、キュウリをビンの長さに合うように適当に切って、入れます。
251 ピクルス6
 
251 ピクルス5
 
※コツ:ぎゅうぎゅうに押し込むこと。ちょっと入らなそうかな?というところから更に上から無理やり押すと、ビンの中できゅうりが全く動きません。
漬けている間にキュウリがしぼんで、丁度良くなります。
セロリも同じように押し込みます。
 
5、沸騰させた”2”をビンに流し込んだら、すぐに蓋(ふた)を閉めます。
251 ピクルス7
 
6、熱が取れたら冷蔵庫へ。3~4日くらいで浸かります。
 
 

スポンサードリンク


 

ピクルスを作る下準備

ピクルスを作り始める前に済ませておくことです。
 
1、ビンを熱殺菌する。沸騰した大きな鍋に、ピクルスを漬けるビンを入れて数十秒加熱します。
火傷しないように気を付けながら、きれいなキッチンペーパーなどの上で”逆さ”にするなど、内側を乾かします。熱いから、数十秒で乾きます。
 
2、キュウリとセロリをきれいに水洗い。キッチンペーパーなどできれいに水気を拭き取ります。
 
3、キュウリとセロリの切る長さは、ビンの縁(ふち)から2~3cm短くなるように切ります。こうしないと全部漬からない、なんてことにもなりかねません。
 
4、ニンニクをスライスする。
  
 
  

今回使ったもの・気を付けること

〇気を付けること

北米ではこのトマトソースの空きビンのような入れ物で作ることが多いんです。
料理番組でも”回して閉める”タイプのビンが使われているんですが、一つだけ欠点があるんです。
何度かピクルスを作ったり、酢が付いたりすると酸化して錆びてくるんです。錆びてきたら別な蓋か、新しいビンと蓋に交換することをオススメします。
 
 

〇今回使ったもの

・長期保存しないなら、100円ショップのビンで十分密封して作れます。
 
・マスタードシードの参考にどうぞ
⇒ 「GABAN マスタードシード ホール 100g 袋
  
・Classicoの参考にどうぞ
⇒ 「CLASSICO クラシコ バジル&トマト パスタソース 907g×3
  
 
 

ピクルスの作り方のまとめ

以前マスタードシードを入れずにピクルスを作りましたが、現地で食べて美味しかったピクルスに比べて物足りなさを感じたんです。
そこで、今回はマスタードシードを加えてみたんです。更にディルを入れることが多いんですけど、今回は代わりにイタズラのつもりでローズマリーを入れてみました。
 
また、今回のレシピは、甘くなく少しピリッとするように作りました。後はお好みで分量を変えて作ってみてくださいね。
 
 
・作り方のまとめ
「容器を熱殺菌・野菜を洗って切る」→ 「野菜をビンに押し込む」→ 「酢と水を沸騰」→ 「沸騰した酢と水をビンに流し込む」
 
初めて作ると手間取るかもしれませんが、慣れると5分といわず数分で作れちゃいますよ。それでは、手作りピクルスをお楽しみください。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 料理全般