あっとすしでほっとして

恐竜と爬虫類の違いの見分け方 最初に現れた恐竜とは?

      2016/05/07

 
249 恐竜と爬虫類の違いの見分け方 Top
 
 
恐竜は爬虫類の仲間といわれたり、恐竜と爬虫類の明確な違いは今まではよく分からなかったと思います。また、最初に現れた恐竜についても、ご存知ではなかったのではないでしょうか?
今回は、そんな恐竜と爬虫類の違いと、最初の恐竜について説明します。
 
 

スポンサードリンク

 

恐竜と爬虫類は何が違う?

先ず最初に確認しておきたいのは、「恐竜」と「爬虫類」は別な生き物なんです。
世間では、爬虫類の一種が恐竜といわれる場合もありますが、「爬虫類」から進化した生き物が「恐竜」なんです。
 
 
さて、本題の恐竜と爬虫類の違いについて説明します。
色々細かい定義やら、生物学上の体の構造など、専門用語を並べて長々と説明されても「分かったような分からないような・・・・」、そんな気がしてくるのではないでしょうか?
 
ここでは、細かい部分を除いて説明しますが、実はたった一つの体のつくりの違いだけなんです。
それは、「股関節の構造の違い」で、「膝が正面を向いているかいないか」のこの点だけの違いなんです。
 
爬虫類の股関節とは、浅く横に向いている構造をしているから「ガニマタ」で歩くんです。
一方恐竜は、股関節に穴があって、そこに骨が入り込んむため、膝を前に向けて立って直進して歩くことが出来るんです。
 
この違いが、「恐竜」と「爬虫類」の決定的な違いなんです。
そしてこの違いから、直進では「恐竜」の方が遥かに早く走ることが出来るので、捕食に向いた体に進化していったんですね。
 
  

スポンサードリンク

  

恐竜の始まりアリシサウルスって何者?

今度は爬虫類から恐竜に進化した恐竜の祖先ともいえる、「最初の恐竜」と思われる「アリシサウルス」について説明しますね。
 
この「アリシサウルス」とは正確には、恐竜になる一歩手前といえば分かり易いと思います。
現在発掘されている一番古い恐竜「アリシサウルスの化石」は、すでに完全体として組み立てられています。
体の構造は、膝が正面を向き始めていますが、股関節が骨盤に貫通していないので、まだ爬虫類と分類されました。
 
因みにこの「アリシサウルス」は、2007年にタンザニア南部で14体の化石が発見され、これらの骨を組み合わせて個体を完成させたところ、新種と判明。
そして、名称をアシリサウルス・コングウェ(Asilisaurus kongwe)と名付けられました。
 
この時の復元作業には約3年かかりました。大きさを全長約1.3m、大型犬(ラブラドール・レトリバー)くらいの大きさ、四足歩行、木の葉のような歯から、植物食と推測されています。
 
249 恐竜と爬虫類の違いの見分け方アリシサウルス 
 
 
 

恐竜が爬虫類から更に進化したら・・・

恐竜のいた時期は、現在から約2億5100万年前頃~6600万年前頃を指していて、大きく3時代に分けられます。
 
三畳紀(さんじょうき)と呼ばれる、約2億5100万年前頃~約1億9960万年前頃
ジェラ紀と呼ばれる、約1億9960万年前頃~約1億4550万年前頃
白亜紀(はくあき)と呼ばれる、約1億4500万年前頃~6600万年前頃
 
先ほどの、「アリシサウルス」は、三畳紀(さんじょうき)の前期から中期頃に生息していました。
後期に入る頃、遂に恐竜が誕生して、「エオドロマエウス」「エオラプトル」「ヘテロドンサウルス」の3種類に進化して分かれるんです。
 
 
これら3種類の恐竜がその後、鳥類や巨大な肉食恐竜、小型の素早い恐竜に進化していきました。
 
エオドロマエウスは、飛翔型の恐竜や鳥類の祖先
エオラプトルは、巨大な恐竜の祖先
ヘテロドンサウルスは、小型の素早い恐竜の祖先
 
249 恐竜と爬虫類の違いの見分け方 図1
 
このように進化していきましたが、白亜紀にはその勢力も栄華を誇りましたが、この時代の終わりと共にその姿を消してしまいました。
 
 
 

まとめ

私達人間の祖先「哺乳類」は、恐竜が滅んだ白亜紀にはすでに姿を現しています。でもまだまだ二足歩行までは遥か先なんです。
だから、一先ずは恐竜のお話しはここで打ち切りますね。
 
本題の恐竜の始まりをまとめと、アリシサウルスが恐竜の祖先でエオドロマエウス、エオラプトル、ヘテロドンサウルスに進化していきました。
そして、爬虫類と恐竜の違いは、股関節が骨盤に突き刺さっていいるかどうか?この体のつくりが分かれ目になります。
 
こんなちょっとした違う視点から、恐竜の博物館に訪れてみてはいかがでしょうか?
そのときは、歴史に思いを馳せながら、博物館を満喫してきてください。
  
  

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 旅行・観光