あっとすしでほっとして

海の日ゆかりの地のイベント 何を祝う日?この日は泳がない?

   

 
247 海の日を祝うゆかりの地のイベントTop
 
海の日とは、昔は7月20日でしたが今は少し変わり、変わらないのは記念日であることですが、何を祝って何をする日なのでしょうか?
また、海の日には海水浴に行くとよく耳にしますが、泳ぐ日だったのでしょうか?そんな
海の日についてご紹介します。
 
 

スポンサードリンク

 

海の日とはいつ何を祝う日?

冒頭でも少し触れましたが、海の日とは7月20日のことでしたが、今は変わりましたよね。
だから、毎年日にちは変わりますが、曜日は必ず月曜日なので連休になります。
これは、ハッピーマンデーという祝日三連休法案に基づいて決められているんです。
海の日とは、旧・7月20→ 現在・7月第3月曜日(7月20日に一番近い月曜日)
 
祝日ですから、何かを祝うか、何かの記念日だということはご存知の通りです。
それでは、この海の人はどんな日なのでしょうか?
  
 
海の日とは・・・・?
1876年(明治9年)に明治天皇が東北方面に巡行されたとき、初めて船に乗船しました。この時、青森~函館~横浜へ到着したのが7月20だったんです。
 
当時は軍艦ばかりが作られる中、当時、灯台巡視の汽船だった「明治丸」に乗って天皇が航海されたのは、実に先進的だったことが伺えます。
 
そこで、この日を海の記念日として、「海の恩恵に感謝する、海洋国家日本の繁栄を願う」とうたい、祝・祭日としてきましたが、1995年(平成7年)に、7月20日近くの月曜日を祝日としました。
 
 

スポンサードリンク

  

海の日には泳がない?海開きとの勘違い

海の日と聞くと、海水浴や海に遊びに行くと連想する人も少なくないのではないでしょうか?
先ほどの話だと、天皇が初めて船に乗って、東北・北海道から横浜に帰ってきた記念の日ということです。
 
因みに、お分かりの事と思いますが、当時は大きな船事態が日本に入ってきたばかりでした。
だから船で海に出るなんて、本当にごく一部の人にしか経験できない、どれほど先進的な旅だったかご想像できるのではないでしょうか?
 
 
さて、なぜ海の日というと海に遊びに行くのでしょうか?恐らく、海の記念日だから、記念に泳ぎにいこう!と考えられて、広く浸透していったと思われます。
 
 
でも、泳ぎに行くのは「海開き」の日なんです。
はい、「海の日」と「海開き」は全く違うことをする日なんです。
何が違うかというと、「海開き=海水浴」、「海の日=お祝い」こんな違いです。
 
 
それでは、何を祝うのでしょうか? 
それは、海に囲まれた国なので、「海洋国日本の繁栄を願う」「海の恩恵に感謝」この二つをモットーにしています。
 
日本中で海の花火大会や海でのイベントが開催されます。それでは、海の日の元となった港では何が行われているのでしょうか?
 
 
 

海の日のイベントといえば横浜の花火!

安全に帰着された7月20日の横浜では、総帆展帆(そうはんてんぱん)畳帆(じょうはん)いって、帆船日本丸の29枚全ての帆を広げて畳む日です。また、この日には乗船して船内を見て回ることもできるんです。(同じような日が年に数回予定されています。有料)
 
また、日本丸メモリアルパーク周辺ではイベントは絶えないので、フラッと国指定重要文化財のドックを見ながらイベントを見て回るのもお勧めです。
 
他には、途中寄港された函館では、海の日には函館新聞社主催の「函館港花火大会」が7月19日の夜に開催されます。
 
 

最後に一言

横浜に帰着されたことが元で日本中で、海と国の発展に関わったイベント、例えば海水浴プラス花火大会や、お祭りなどが開催されています。
 
皆さまの地元近くでは、どんなイベントが開催されるのでしょうか?
もし機会があれば、海の日縁の土地、横浜や函館(7/19)にお出かけされてみてはいかがでしょうか?
 
それでは、海の日の祝日をお楽しみください。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 夏の行事