あっとすしでほっとして

ジューンブライドとは結婚式を挙げた日それとも入籍した日?

   

ジューンブライドは女性にとって憧れの結婚月ですよね。でも素朴な疑問で、結婚式の日と入籍日どちらがジューンブライドでしょうか?
  
そして、日本では6月に結婚する人が多そうですが、実際はどうなんでしょう?そんなジューンブライドについて紹介しますね
  

スポンサードリンク

 

ジューンブライドとは入籍した日?それとも結婚式の日?

実は、日本の結婚式と入籍の仕組みと、白人社会の伝統的な結婚と入籍方法はちがうので、一言で「ジューンブライド」といってもちょっとニュアンスが違うんです。
 
でも、ジューンブライドの感覚は個人差があるので、その辺りは人それぞれでいいんですけど、「何をもってジューンブライド?」と聞かれたら、二つの意見に分かれます。
 
「入籍した日が6月だからジューンブライド」
「結婚式を挙げた日が6月中だからジューンブライド」
 
それでは、なぜ日本と海外で違うのでしょうか?また、この二つのジューンブライドの意見はどちらが正しいのでしょうか?
 
 

〇結婚式と入籍の制度の違いとは?

日本の結婚をする人の多くは、とりあえず入籍届を役所へ提出しておいて、落ち着いたら結婚式を挙げる。そして、更に落ち着いたら新婚旅行へ行くというカップルが多いです。
 
しかし、細かいことは抜きにして、数百年前から日本では、「結納やお披露目や祝言」など、それぞれ別な日に行っていましたが、近年忙しい私たちは決してそんな時間は取れないですよね。だから入籍は何とか時間を作って役所へ届けるだけでいいですけど、結婚式はとりあえず”一部だけ”挙げておいて、残りは後日続きを・・・なんてわけにはいきません。
 
ご存知の方も多いと思いますが、海外と違って日本の結婚式は「お金がかかる!」「手間がかかる!」「新郎新婦・参加者一同疲れ切る!」の3拍子が揃って大変なこと極まりないんです。
 
 
ところが、海外・・・特に白人社会の多くの国では、結婚式は教会で挙げるのでお金は殆どかかりません。もしくは、自分たちで気に入った場所で式を挙げる為に神父を呼んで、友人など参列者は気が向いたらどうぞくらいの気持ちで招待する程度の場合もよくある話なんです。
 
当然参加者は、手ぶらかお祝いの花でも持参すれば十分!参加者を持て成すドリンクや軽食は新郎新婦が用意します。だから、かかる費用は間違えなく数十万円程度で済むんです。強いて言えば、新婦のドレスを買う費用にどれくらいかけるかで変わるくらいでしょう。
 
ただし、あえて盛大に結婚式をするなら、きりがないくらいお金がかかりますが・・・・そこは日本と同じです。
 
 
話がそれましたが、この神父の前で結婚式を行い、お互い書類にサインをするとその場で結婚が成立するので、入籍日と結婚式の日が同じになってしまうんです。
 
基本的に、日本では結婚式会場で入籍はできないですよね。もしかしたら色々裏技があるかもしれませんが・・・・・。
 
簡単にまとめると、
 
日本では、「入籍日 → 結婚式」
海外では、「入籍日 = 結婚式」
 
このような違いがあるんです。だから「ジューンブライド」とは本来「入籍日 = 結婚式」のことを指しているんです。
 
 

〇日本では、結婚式と入籍日どちらを指しているの?

ここで意見は分かれますが、圧倒的に「自分たちの気持ち次第」というのが大多数の意見なんです。また同じくらい当たり前なのが、「結婚式をした月」が挙がります。
 
届け出をしたのが別な月、結婚式を6月に挙げたから「ジューンブライド」という意見も浸透しています。
 
それでは、日本の法律は・・・・というと、実は「同居を始めた日」を結婚日と婚姻届けに記載されているんです。だから、本当の「ジューンブライド」とは同居を6月から始めたことを日本では指すことになるんですね。
 
なんだか夢が無さそうですが、この違いが日本と海外の違いに繋がってくるんでしょう。
 
 
因みに「自分達の気持ち次第」というのは、

入籍までの手続きの面倒くささ・大変さなど苦労をして・・・言われるがままに役所に届け出を提出してお終い。しかも夫婦共に忙しいから一緒に届け出ができないので、奥様だけ旦那様だけが役所に行ってくるなんて場合。

結婚式は、大勢の友人や親戚が自分達を主役に祝福してくれる、そん経験なんて、一生のうち何度もないですから、うれしくて思い出に残る場合。
 
つまり、婚姻届けの提出日なんて記憶に残っていない人が多いんです。だから、思い出に残っている「結婚式」だろうが、「届け出を出した日」だろうが、「同居し始めた日」だろうが、明確な決まりが無さそうな「ジューンブライド」は、自分達が良いと思う日で良いだろう、という意見になるんです。
 

スポンサードリンク

  

ジューンブライドの海外と日本の違い

ジューンブライドの始まりやしきたりや由来などを挙げるときりがないので、細かいところはさけておきますね。
 
簡単にまとめると、暖かく気候が安定している6月は、1年で最も気持ちがいい季節で、ブーケの花も咲き始めるからなんです・・・・ヨーロッパでは。
 
または、ローマの神様のJunoという結婚と出産を司る神様の月ということでJuneが付いたともいわれていますが、他にいくつも説があるので、何が正式かは不明なんです。
 
 
一方日本では、6月は戦後しばらくの間は、結婚するのに最悪の月と言われてきたんです。なんといっても”梅雨”で蒸し暑く、雨ばかりなので、御目出度い席が台無しになってしまうからです。
 
近年になってから海外の習慣が入ってきたことと、結婚式場の宣伝・戦略効果や、ドラマや映画のようなメディアの影響で、現在のような結婚をする月のように定着するようになったんです。
 
 
余談になりますが、日本では結婚式のあと2次会・3次会と続きますよね、でも海外では結婚式の前に新郎新婦が別々に大騒ぎします。
 
ブライダル・シャワーとは、新婦が結婚式の前に女友達を呼んで祝うイベントです。このしきたりは、100年以上アメリカで続いていて式の大体4~6週間前に行われます。
 
バチェラー・パーティーとは、結婚式前に新郎の親しい友人たちが集まって大騒ぎするパーティーのことです。バチェラーとは独身者を指していて、独身最後を祝う(?)集まりなので羽目を外すことも多々あるといわれています。たまにアメリカ映画で結婚式に遅れてきたり、二日酔いで式に行くなどコメディー映画ではよくある話です。
 
 

なぜ6月に結婚?参加者はどう思う?

結婚する当人は「ジューンブライド」は憧れですが、呼ばれるほうはどうなんでしょうか?先ほど「昔の日本では~」と少し触れましたが、今でも本音はやっぱりちょっと不人気な声が多いんです。
 
・梅雨時期で蒸し暑い、
・雨の中、服が濡れイヤ・・・
・天気が悪い中式を行っても目出度くないんじゃないか?
 
残念ながら、このような声が多いのが現実なんです。
 
 
でも、反対に肯定する声もしっかりあって、
 
・素直に結婚が羨ましい 
・6月に結婚式を挙げられることが羨ましい
・幸せになるならいつでもOK!当人が幸せならそれでOK! 
・6月上旬なら梅雨入り前で天候が安定しているので、良い季節!
 
こんな意見もあるので、決して日本に不向きだとか、ミスマッチな習慣では無いということになるんじゃないでしょうか。
 
 
最後に日本で結婚の届が多い月を紹介しますね。
 

結婚人気の月上位 
1位  3月  10.4%
2位  11月   9.7%
3位  12月   9.4%
4位  4月   8.8%
5位  10月   8.5%
6位 5月・6月 8.4%
  
人気のジューンブライドといっても、6月の結婚自体は、別な月の方が断然人気があるということがわかりますが、あとは本人の好み次第ということになりそうですね。やっぱり「式をしたい!」と思った時がベストといったところなのでしょうか。
 
 

最後に一言

いかがでしたでしょうか?ジューンブライドについて紹介してきましたが、6月に結婚式をしたい!という人は6月がオススメだし、10月が良いという人は「オクトブライド(?)」といえばいいのでしょうか、秋に行ってもいいということになりそうです。
 
そしてジューンブライドとは、本来日本では一緒に暮らし始めたときのことで、海外では結婚式+入籍した日を指すということになるということです。
 
皆様なら、いつをジューンブライドとします?
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 生活情報