あっとすしでほっとして

東京三大祭 浅草三社祭おすすめの見どころと楽しみ方!

   

浅草の三社祭りは、いつ何を見て、他に何が楽しめるのか、そんな東京で3本の指に入る有数のお祭りは気になるところですよね。
 
そこで、お祭りの一番の見どころと、お祭りに合わせて楽しめるオススメの観光、それから、このお祭りについて紹介します。
 

スポンサードリンク

 

東京三大祭 浅草の三社祭の見所とは

三社祭は毎年5月中旬の第2か第3週、木曜日から日曜日にかけて開催されますが、当然その日ごと実施される内容は変わるので、いつ何見るべきなのか迷いますよね。
 
早速、このお祭りのクライマックスであり、見どころの紹介をします。
 
 

〇宮出し 3基の神輿

最終日の日曜日の早朝に神輿が出されて、夕方まで街中で担がれているので、少し探せば簡単に見つかりますよ。
 
見どころは、神輿を担いでいる姿ではなくて、「神輿」を見るのがオススメです。
 

・朝6時に3体の神輿が出されます。
 ↓
・朝8時頃から別々な方向の街中へ!
 ↓
・1日浅草の街を練り歩きます。
 ↓
・夕方7時30分頃 戻って宮入
 
神輿について
メインの神輿は3基あって、それぞれ神輿にご心霊を移して町にでます。
 
一の宮には”土師真中知命(はじのあたいなかとも)”
二の宮には”桧前浜成命(ひのくまはまなり)”
三の宮には”桧前竹成命(ひのくまのたけなりのみこと)”
 
戦前は、徳川三代目将軍家光公に寄進されて約300年間担がれてきました。1927年(昭和2年)文化財の指定を受けて保存。3基のお神輿が新調されています。
 
実は、四の宮までありましたが、戦争で焼失しています。
 
 

〇100基の神輿

土曜日の正午頃、各町内会ごと神輿を出します。見どころは、合計で100基の神輿が街中に出てくるので見応えは十分でしょう!
 
ただ、神輿のサイズは他所のお祭りの神輿に比べて小さいので、「えっ?」と思うかもしれませんが、この日の神輿は「大きさ」ではなく、「数」を見て楽しむものと思ってください。
 
また、これらの神輿は小ぶりな大人の神輿から子供神輿まであるので、正に浅草周辺の地元の人たちが楽しんでいるのが伝わってくるでしょう!
 


 

〇びんざさら舞

毎年三社祭りの初日の金曜日の午後2時半頃から、浅草神社にて行われます。
 
五穀豊穣を祈願が始まりで田植えにまつわる、田楽という舞の一種です。平安時代に始まり、鎌倉~室町時代に流行ったといわれています。
 
また、午後1時頃から、お囃子屋台・鳶頭木遣り・びんざさら舞・白鷺の舞など、浅草の街を歩きながら舞っているので、簡単に見物できます。午後3時ころには本社に戻ってくるので、もし興味のある人は時間を合わせて見に行くといいでしょう!
 
※びんざさらとは↓
189 びんんざさら
 
 

浅草の三社祭の楽しみ方

神輿や舞い、神社での行事以外にも、折角浅草へ行くなら色々楽しみたいですよね。そこでいくつか楽しみ方の情報を紹介しますね。
 

〇お楽しみ広場と規制

お神輿がでる最終日は、浅草駅の駅前を通る、「雷門通り」と「馬車道通り」が歩行者天国となります。
 
神輿が通るときは通り一杯に人で溢れかえるので、神輿を見たい人は人と大声の集団を探してください。
神輿以外の浅草を楽しみたい人は、人の塊と掛け声を目印に避けて下さいね。
 

スポンサードリンク
〇浅草寺(せんそうじ)

東京都最古のお寺で、本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)なので、別名「浅草観音」とも呼ばれています。
 
始まりは628年頃にさかのぼり、江戸幕府を開いた徳川家康が祈願所と定めましたが、何度か消失しています。3大将軍の頃、五重塔と本堂が再建されて、参道には商店が建ち並ぶ、現在の仲見世が作られていきました。
 
その後、芝居小屋や大道芸人などが境内に賑わい公園地に指定されますが、戦争で消失したので本堂や五重塔は戦後再建されました。
 
因みに、浅草神社が隣に位置していて、神社とお寺が併設している稀なケースなんです。
 

〇浅草花やしき

江戸時代末期に始まった遊戯施設で、戦後、遊園地として改めて営業が再開され、日本で最古のローラーコースター(日本語ではジェットコースター)が設置されるなど歴史のある遊園地です。
 
〒111-0032 東京都台東区浅草2-28-1
03-3842-8780
営業時間:10:00~18:00
 
 

〇足を延ばせば上野公園・東京スカイツリー

浅草駅から銀座線で3駅で上野公園に行けて、「東照宮」「国立博物館」「上野動物園」の他、ご存じのとおり、日本を代表する国立美術館うあ日本初の動物園などここだけで一日過ごせます。
 
賑やかなお祭りの後には、日本を代表する博物館で展示施設でゆっくりするというのもいいですね。
 
〒110-0007 東京都台東区、上野公園・池之端三丁目
03-3828-5644
 
 
浅草駅から東武スカイツリー線で1駅で「東京スカイツリー」に行けます。ショッピングも観光も楽しめますが、”混んでいる”事には違いはありません。
 
でも、お祭りの後、浅草の街や関東平野一面を眺めてから帰ってもいいかもしれません。
 
 

浅草の三社祭のおすすめ

浅草三社祭りとは
1312年に三社の神話に習って始まったといわれていて、昔は1年おきの3月17・18日に開催されていましたが、1872年(明治5年)から5月17日・18日に開催されるようにりました。

江戸時代に入ると、お祭りの前夜には神輿を観音本堂の前に置き、びんざさら舞も舞台を用意してその上で舞っていたという、町全体で行っていたので、浅草祭りとも観音祭りとも呼ばれていました。そして、海まで担いで行って漁師の船神輿を乗せて川を遡って戻るという行事が1870年代頃まで続いていました。
 
今では、海に出る行事は廃止され、街中を神輿を担いで廻る習慣と神社の行事のみが現在に伝わっています。
 
因みに、総来客人数は約200万人です。
 
詳細
毎年5月17日18日に近い週末、木曜の夜から準備に入って金曜日~日曜日まで開催されます。
 
アクセス
つくばエクスプレス・東武線・都営浅草線・銀座線の浅草駅
  
 

最後の一言

東京3大祭りの一つに数えられる日本でも有数のおまつりですよね。確かに京都や青森や日本各地で開催されている「大きな神輿」がメインの祭りに比べれば見劣りもするかもしれません。

でも江戸時代の将軍家から賜った神輿で賑わった伝統のあるお祭りといえば、そう多くあるわけでもないので、是非一度は観光としてお楽しみください。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - お祭り