あっとすしでほっとして

あさりの砂抜きと塩抜きと保存方法 潮干狩りあとの処理方法

   

潮干狩りでアサリを獲ったとき、食べるまでの処理と食べきれない分の保存で迷うことはないでしょか?
 
そんなとき不慣れな作業だけど、一番おいしくなる方法で処理をして食べたいですよね。そこで、一番理想的な砂抜きと塩抜きと保存方法を紹介します。
 

スポンサードリンク

 

あさり砂抜きの方法

アサリを捕るまでは楽しめたのに、持って帰ってから処理でゆううつになって、潮干狩りが嫌いになったのでは本末転倒ですよね。
 
アサリやシジミ、その他貝類は、獲ってきたその日に簡単に処理できて食べられるんです。当然買ってきたその日にも食べられるんから、買ってきても捕ってきても同じことなんですけど。
 
早速、自宅に着いてから始める、砂抜きの手順と方法を説明しますね。
海からの持ち帰り方は⇒ 「アサリや貝などの持ち帰り方」を参考にしてください。 
 
 
1、ボールなどに移して、真水で貝どうし”ゴリゴリ”と洗ってください。洗い終わった分からザルに移します。
 
2、海から持ち帰った「海水」をボールなどに入れます。
砂が混じっていないことを要確認!海水を持ち帰り忘れた場合は食塩を使って、「3%の食塩水」を作ります。
  
3、上げ底にして貝を「海水」「食塩水」に浸します。また、このとき全体がつかる程度で十分です。目安はやや貝が水面から出るくらいと思えばいいですよ。
上げ底にしないと、吐いた砂をまた吸い込んでしまうからです。
 
4、密封しないように蓋をして、1~2時間暗くて涼しい場所に置いてください。
密封すると窒息して、砂を吐き出さずに死んでしまうこともあります。
蓋をしないと、貝が水を吐いて辺り一面水浸し・・・なんてことも考えられます。
 
187 1アサリ砂抜き 
これで、砂抜きの完了!
 

スポンサードリンク

  

あさりの塩抜き方法

塩抜きという言葉に聞き覚えが無い人も多いと思いますが、”美味しく食べるため”に大切な手順なので、是非実行してくださいね。
  
なぜ塩抜きをするかというと、アサリなど貝の本体が塩水を吸っているから、料理をしてもしょっぱくなってしまうからなんです。だから、体内から塩水と吐き出させてれば残るのは貝の旨味だけになりますよね。
  
「当日~翌日に食べる場合 = 冷蔵保存」
1、砂抜きのあと、真水で軽く水洗いします。
2、1時間くらい水から出して、常温でおきます。
、貝が体内の塩水を吐き出します。また、環境の変化で身を守る時に出てくる成分が旨味だともいわれています。
4、調理しておいしく食べてくださいね!
  
「しばらくとっておきたい場合 = 冷凍保存」
1、砂抜きのあと、真水で軽く水洗いします。
2、1時間くらい水から出して、常温でおきます。
3、保存
 
187 2アサリ塩抜き
    
 

あさりの保存方法 冷蔵庫と冷凍庫

「当日~翌日に食べる場合 = 冷蔵庫」
「しばらくとっておきたい場合 = 冷凍庫」
 
「冷蔵庫で保存する場合」
食べるときは「塩抜き」をしてから調理します。
そのあと、お吸い物でも、パスタでも、シチューでもお好みで料理をしてください。
 
また、翌日食べる場合は、冷蔵庫に入れておきます。濡らした新聞紙に貝を包んで、更にビニール袋で包んでから冷蔵庫で保存してください。
 
ビニール袋に入れておかないと冷蔵庫無いが水浸しになるでしょう。
同じ海水に浸けておくと、貝は弱まって早く傷みます。
できれば翌日、遅くても3日以内には食べきってください。
 
「冷凍庫で保存する場合」
冷凍保存をすれば数週間おいしいまま保存することができます。手順は「塩抜き」をして、真空に近い状態で「冷凍」するだけです。
 
1、塩抜きを完了させる。
2、殻付きのまま冷凍
  
小袋のジップロックを用意して、小分けにしておくと使うときに便利です。
調理するときは、凍ったまま使うと旨味の全てを使えるので、一番理想的な調理方法です。 
 
187 3アサリ保存方法
 
 

最後にまとめると

〇砂抜きには、持って帰ってきた海水か3%の塩水を使う。
〇1~2時間浸すだけ。水温は20℃弱、暗くて静かな所に置く。
〇食べるときも冷凍庫に入れるときも塩抜きをしてから。
〇冷蔵庫に入れるなら、濡らした新聞紙とビニール袋に包んで2~3日で食べきること。
〇冷凍しておいた貝は、凍ったまま使うのがコツ!
  
こうしてみると潮干狩りで獲ってきたときも、お店で買ってきたときも、
  
「砂抜き→塩抜き→調理か冷凍」
「砂抜き→冷蔵」
  
この二通りだから簡単ですよね。ちょっとだけ手間をかけて美味しいアサリや貝を食べてくださいね!
  
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 春の行事, 春の食材 ,