あっとすしでほっとして

小学校の入学式で着る男の子の服装と靴と靴下の組み合わせは?

   

小学校の入学式は一生に一度。だから我が子にはちゃんとした服を着せてあげたいと思うでしょう。
 
でもその反面財布事情もあるし、どんな服にするか、靴はどうするか何から決めたらいいか、迷うのではないでしょうか?
 
そこで、男の子の入学式の服装について紹介します。
 

スポンサードリンク

小学校の入学式で着る男の子の服装の定番とは?

服を選んで着ることを経験してきた親からすれば、子供の服選びなんて簡単なようですが、いくら我が子でも好みがはっきりしてくる小学生にもなると、そうもいかないものですよね。
 
普段着ならいざ知らず、晴れ姿となる入学式となればなおさら「何がベストか?」と考え出して堂々巡りに陥ることもよくある話です。
 
因みに、”定番”の服装はスーツです。
 

〇入学式の服装選びのポインントは?

一番重要なのはジャケットとパンツ!
ご存じだと思いますが、何をおいても常に見えるメインの外側が一番大切になります。
 
「ジャケットならグレー?茶系?」
「パンツなら膝上?膝下?長ズボン?」
 
そうなんです、先ずはこの上着とパンツの組み合わせを決めてください。そして男の子の入学式の服装で”定番”なのは、
 
「ジャケットとパンツ」
「色は、黒・紺・グレー、たまに茶系」
 
この服装とお子様やご両親の好みに合った靴やネクタイやシャツを組み合わせていきます。
 
次に選ぶのは靴とシャツ!
スーツの色と形が決まれば今度は中に切るシャツですよね。そして全体の服に合った靴を決めてください。
 
ただし、靴は黒がほとんどなので、多分迷うのは形やブランドでしょう。
 
最後に決めるのは、ネクタイと靴下!
スーツの色、靴の色に合わせて靴下やネクタイの色や形を選んでください。
ここまで選んであれば、細かいネクタイや靴下くらいだったら簡単に揃えることも、買い直すこともできますよね。
 

〇服装選びで困るときのパターン

ジャケットやパンツだけがあるとき
親戚かや友人などからスーツやジャケットを借りたけ・譲ってもらったとき、上下どちらかが合わないことがあります。
  
こんな時は選択の余地がないので、足りないパンツかジャケットだけを用意して下さい。その後で、先ほどの順番でコーディネイトしてあげるといいでしょう。
  
靴やネクタイだけ入手しちゃったとき
たまにあるんです。正確にはスーツ一式譲り受けたときなど、自分の子供に使えるのが靴とネクタイだけだったということが。
 
子供によって成長の早さは異なりますから、サイズばかりはどうしようもありませんよね。
 
こんな時は、まず、最初のスーツ選びから始めてください。着せたい・着たい服装をさせてあげて、そのあとで靴やネクタイが合うか見てみてください。
 
ブランド
完全に好みになります。スーツの色や形と同じように、親の趣向なので、どのブランドでも変わらないです。

理由は、「みんな、自分の子供しか見ていない」から、どんな色・形・ブランドを着ていても、大抵家に帰ると他所の家の子の服装なんて忘れているんです。
 
だから、親が着せたい・本人が着たいという服装が基本的には正解ということになります。
  

要約すると
ジャケット・・・濃紺・黒・グレー
パンツ・・・濃紺・黒・グレー(チェックもOK!)
シャツ・・・白が定番、カラーシャツもOK!
靴・・・黒い靴
靴下・・・黒
ネクタイ・・・スーツに合う色、エンジは定番、蝶ネクタイもOK!
 
※基本は上下シンプルな黒・紺のスーツ
この後は、それぞれもう少し詳しく紹介していきますね。
 
 

スポンサードリンク

小学校の入学式で着る男の子の上着とズボンとは?

基本はジャケット(ブレザー)が定番と紹介しましたが、色は様々ですよね。
 
例えば”黒”だときっちりかっちり、紺色だと無難・オーソドックス、茶系だと明るくて目立ちますが、ここまでは先ほどお話した”好み”になります。
 

〇ジャケット

春だから、暖かいし、簡単でいいんじゃないかという人もいます。例えば、
 
「セーター・カーディガンで出席」
ちょっとカジュアル過ぎになってしまいます。ジャケットをお勧めします。
 
「シャツにネクタイ・ベストだけ」
学校へ向う道中と帰りなら構いません。でもこの服装だといくら春だといっても、入学式の式典中は室内なのでまだ寒いでしょう。
 
「入学式中は前ボタンを留めて出席してください」
特に、最後には集合写真を撮るのが定番なので、一生残ってしまいます。だからジャケットを選ぶときは大き目は構いませんが、小さ目は避けた方が良いでしょう。
 
 

〇パンツ

「短パン・七分丈」
小学校の入学式のパンツの定番は、膝上~膝下の七分丈までが定番です。
 
「長ズボン」
でも中には父親や大人の人を意識して、長ズボンを希望する子も珍しくありません。 
だから、長ズボンで出席する子は多くないけど、おかしくもありません。逆に目立って格好いいという人もいるくらいです。
 
「柄物」
基本はシンプルな黒か紺ですが、ジャケットに合う程度でチェックのパンツなら十分範囲内です。
長ズボン同様好みになりますが、礼儀に反せずおしゃれな着こなしですよ。
 
「明るい色」
春なので、明るい色は問題ありません。ただし”派手な色”は避けた方が良いでしょう。茶系のスーツに派手でないカラーシャツという子もいます。ただし。目立つことは間違えないので、それを嫌う人はやめた方が良いでしょう。
 
 

〇シャツやネクタイ

どちらも奇をてらったものより、オーソドックスな方が楽でいいですよ。
 
特にネクタイは締め慣れないと落ち着かないものです。特に入学式は子供にとって緊張する場所ですから、行き帰りでとってしまうことも考えられます。
 
だから、もしお洒落にスカーフを考えているなら、十中八九式典中には身に着けていないと思った方が良いでしょう。
 
 

小学校の入学式で男の子が履く靴と靴下とは?

最後に履物の靴と靴下について紹介しますね。
 

〇靴は何履いて行く?

基本は黒い色の靴になります。革靴のようなフォーマルでもスニーカーでも問題ありません。
 
後々のことを考えたら”瞬足”の黒だと春や秋に運動会があっても履くことができるのでおすすめです。
 
もう一つ、式典中は靴を脱ぐ体育館で行われるので、派手すぎたり汚すぎたりしない限りなにを履いて行っても問題ないでしょう!だから革靴だろうとスニーカーだろうと関係ないんです。
 
 

〇靴下は?

黒が主流で、くるぶしが隠れるくらいから脛の中ほどまでの靴下が基本になります。
 
避けた方が良いのは、”白”。昔は白が基本でしたが今は靴や服に合わせて黒や濃紺の靴下ですから。
 
ただし茶系や明るいチェックのスーツの場合は黒や紺にこだわらず、スーツに合った靴下を選んでくださいね。
 
 

最後に

この記事を読んでも、そのサイトを見ても解決しない、すっきりしないときもあると思います。そんな時は・・・・・「困った時のご近所・友人頼み」です。
 
学校や地域によって流行りのようなものがあります。同じ公立の学校でも、革靴が主流だったりスニーカーが主流だったり。
 
また、スーツが定番と言っても、カジュアルにポロシャツにジャケットが主流の場合や完全フォーマルが主流という学校や地域もあります。
 
だから、近所で入学式を経験したことのある人や、近所に住む友人に思い切って相談してみるのが最後の奥の手となるでしょう!
 
それでは、心に残る素晴らしい入学式になることをお祈りしています。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 春の行事