あっとすしでほっとして

生田緑地の夜桜は東京近郊でおすすめ!夜の花見の必需品とは?

      2017/02/20

 

  
夜桜がライトアップされている場所で、ゆっくりシートを広げてお弁当が食べられる場所は限られています。そんな中、新宿から向ヶ丘遊園まで小田急線で約20分の距離にある生田緑地なら、東京近郊でも野趣満点の夜桜が満喫できますよ!
  

スポンサードリンク

東京近郊の夜桜なら生田緑地がおすすめ

冒頭でも紹介した通り、神奈川県川崎市多摩区ある自然公園は、1941年(昭和16)に東京の都市計画緑地として湧水や里山環境が残されている貴重な場所の一つです。
 
この公園内には枡形山という城址公園があって、そこにはちょっとした遊具や展望台と桜が植えられています。流石に展望台は夕方5時までなので、深夜に登ることはできませんが、新宿から立った20分くらいの距離でこれだけの自然が楽しめる場所は珍しいですよ。
 
 

〇枡形山とは?

枡形山は標高84mで、公園内では一番高い場所になります。
ここは鎌倉時代に稲毛三郎重成が城を建てたと伝わっている城址公園です。
 
展望台からは、東京都心を始め関東平野や富士山、多摩川など360℃の形式が楽しめます。空気が澄んでいるときは東京スカイツリーも見えるんですよ。
 
広場には、遊具・トイレ(多目的トイレ)やトイレ横には自動販売機があります。
 
春は、シメイヨシノが咲いて、夜には街灯か月が薄っすらと桜を照らしだしてくれるでしょう!
  
初夏の枡形山 冬の枡形山、こんな街灯があります。
168 写真1 生田緑地 葉っぱ
168 写真2 冬 
 

〇アクセス

夜だとバスの本数も少ないので、徒歩で行ける最寄りの駅を紹介します。
 
電車の場合
小田急線・向ヶ丘遊園駅 南口から徒歩約13分
 
車の場合
東口 府中街道の稲生橋から約500m
西口 世田谷通りの根岸陸橋→ 専修大学入口から約500m
 
所在地
生田緑地東口ビジターセンター 044-933-2300
〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形7丁目1-4
 
168 写真3 地図

〇生田緑地とは

公園内の各施設や詳しい公園情報は、>生田緑地は都心近くの梅と桜穴場スポット!<を参照してください。
 

スポンサードリンク

   

生田緑地の夜桜で必需品とは?

都会の”普通の”公園とは違うので、公園内に街灯は殆どありません。緑地公園とは自然を素のまま残すことが前提ですから仕方ありません。
 
また、いくら春とはいっても、シートを敷いて座っていれば、この時期の夜はまだ冷えますよ。
 
このような環境を考慮すると・・・・
 
1、懐中電灯は枡形山までの移動で絶対に必要!
2、ひざ掛け、キャンプ用のブランケットなど
3、ゴミ袋は念の為に持参がマナー!
4、カイロなど体を温めめるもの(特に女性におすすめ)
5、トイレットペーパー、トイレの紙が切れているかも・・・
6、厚手の服、防寒対策はしっかりと!
7、大人数なら遊ぶもの
 
その他、ピクニックシートや手袋、ニット帽など追加の防寒具、懐中電灯の代わりにキャンプで使うランタンもOKですよ!
 
 

夜桜で欠かせない食べ物とは

いつも仕事に持っていくお弁当のように温められるわけではないので(会社に電子レンジが無い所もありますが)、そのまま食べられるものが人気がありますよ。
 
・唐揚げは人気No.1です
・いなり寿司
・おにぎり
・普段食べない高価なお弁当
・お湯、魔法瓶に入れて持っていけば暖かいものが飲めます!
・お茶
・花見団子やわらび餅
 
※注意!
カセットコンロで鍋やおでんをする人がいますが、残念ながら火気厳禁なので生田緑地ではあきらめて下さい。
 
 

最後に

この生田緑地は都内にあって、自然をそのまま残そうとして作られた公園なので、木を切ったり傷つけたり、野生動物をいじめないでくださいね。
 
同様に、人も花見の時期には大勢集まってくると思いますので、他の人たちの迷惑にならないようにしてください。
 
春とはいっても夜は結構冷え込むので、冬服で挑む事をおすすめします。それでは、お花見を楽しんできてくださいね。
 

 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 春の行事