あっとすしでほっとして

家に入ってくる紫外線の対策 ガラスで防ぐ3つの方法

   

154 家に入ってくる紫外線対策Top 
 
春から外に出るときは紫外線対策をしますが、家の中なら安心と思っていませんか?
 
折角外に出るときは対策を練っているのに、家の中にも紫外線は入っていても全くの無防備!なんてこともよくある話です。
 
そこで、家の中でする紫外線対策の紹介をします。
 

スポンサードリンク

 

家の中に入ってくる紫外線には対策が必要?

外に出るときは、紫外線対策をといって日焼け止めクリームを塗ったり、帽子やサングラスを身に着けることで対処しています。そして、家の中なら安心と思っている人が多いのではないでしょうか?
 
実は、家の中に日が差し込んでくると、窓ガラスや薄手のカーテン程度では紫外線を防ぎきれずに家の中まで入ってきます。通常の窓なら20%くらいしか防げていないし、日陰でも紫外線が反射して10%くらいは入ってきていると言われているんです。
 
 

〇日光について

日差しが入り込んでくるイコール紫外線と考える人もいますが、ちょっと違うんです。
 
紫外線とは、家ではカーペットや壁などの日焼けすること。
赤外線とは、光に当たって暖かいと感じること。
可視光線とは、光が差し込んで、明るいと見えるもの。
 
これが日光の中の分類になります。
 
 

〇どこから防ぐ?

直接日が差し込まないところは確かに紫外線は少ないけど、紫外線対策ができていない世の中全ての場所に紫外線は存在しています。これは窓を開けていようが閉めていようが関係ありません。
 
いい例が、床・カーペット・家具・壁などが日焼けするのは全部紫外線のせいだからです。つまり、紫外線は「窓」から差し込んで来て、更に反射して室内に入り込むということです。だから、大事な家具はできるだけ直射日光の指す窓の近くから離して置いておくといいでしょう。
 
窓からの紫外線を防ぐ方法は、「ガラスを変える」「ガラスに手を加える」「カーテンを変える」これしか手立てはありません。
 
それならどうやって窓ガラスで紫外線を防ぐのでしょうか?
 
 
 

紫外線をガラスで防ぐ3つの方法は?

もし家の中に紫外線が入らないようにするなら、
 
1、窓ガラスを紫外線防止ガラスが付いたものに取り換える
2、紫外線防止フィルムを貼る
3、窓ガラスに塗料を塗る
 
この3つが窓ガラスを通って紫外線が入ってこないようにするために予防策になります。
 

〇ガラスを変える

昔は一枚の透明なガラスを窓にはめたものを使っていましたが、今は複数枚のガラスを合わせてその間に特殊金属の膜や空間を取り入れることで、色々な効果が得られるなど機能が向上しています。そして、その向上している効果とは
 
・紫外線カット
・結露防止
・断熱性能と遮熱性能
 
この3つの効果が得られるようになり、「エコガラス」とか「複層ガラス」とか「ペアガラス」と呼ばれる”合わせガラス”のことです。
 
このガラスの仕組みは、ガラスとガラスを合わせるとき乾燥した空気の層を間に入れて密封することで、断熱効果が1枚ガラスの1.5~2倍の効果があります。これにより、冷暖房の持続効果が高まって電気代の節約にも繋がるというわけです。
 
もう一つは、ガラスとガラスの間に特殊金属の膜を挟んで紫外線を遮断するもので、以前の1枚ガラスでは約20%の紫外線を遮断していましたが、このガラスでは約80%の紫外線を遮断してくれます。
 
最後に、ガラスの間の空気層がクッションとなって、外気と室内の温度差から発生する結露が減ります。そのおかげで結露によるカビ発生を抑えやすいという利点が生まれてきました。
 
 

スポンサードリンク
〇フィルムを貼る

通常の窓ガラスにフィルムを貼ることで、ガラスと同じように断熱や紫外線・結露を遮断することができます。
 
商品名では「紫外線カットフィルム」、「遮熱フィルム」、「UVカットフィルム」「エコフィルム」などと呼ばれていますが、どれも同じ効果が発揮されるので、それぞれ気に入ったものを購入すればいいと思います。
 
また追加効果もあって、断熱、紫外線防止、結露防止の他に、「地震でのガラス飛散防止」、「3段階効果」透明(紫外線対策のみ)・中間(ある程度中が見えないように、紫外線防止)・ミラー(完全ミラー、ただし室内がやや暗くなる)など生活スタイルに合わせてミラーの濃さが選べるようになっています。
 
 

〇ガラスコーティング

ガラスの表面に日射熱を遮熱したり紫外線をカットしたりする特殊な樹脂膜を塗ることです。
 
「省エネガラスコート」「UIシールドα」など商品名はありますが、いずれも太陽光からの紫外線99%カット、近赤外線50%カット、可視光線透過率80%や直射熱5~10℃カット結露50%抑制などいくつもうたい文句がありますが、従来のガラスでも合わせガラスでも使えて、フィルムや合わせガラスと同じ効果が期待できます。
 
 
それぞれの評判は、
エコガラスは、費用はかかるけど一番効果を期待出来る!
フィルムは断熱目的?あまり効果は期待出来ません。単なる気休め。
コートは抗菌や防臭目的?
 
と誤認しているような気がしますが、合わせガラスが一番効果があって半永久的に使えます。フィルムはそれなりに効果がありますが、ガラスを変えないなら地震対策も含めるといいと思いますが、長年使っていれば細かい傷などによる劣化から効果が低下する恐れがあるでしょう。最後にコーティングはお手軽にできるのでいいと思いますが、持続時間が合わせガラスに比べて短くなってしまいます。

 

〇整理をすると

・一番良い質を求めて、値段が高いのが合わせガラス(エコガラス)
・ガラスを交換しないならフィルム、そして耐震やミラー効果のも追加するならフィルム
・安くてお手軽だけど持続効果が短い、だけど合わせガラスに追加で塗ったり、凹凸のある窓にフィルムが貼れない時など力を発揮します。
 
 
 

エコガラスは紫外線だけじゃない 断熱効果と電気代の節約になる!

紫外線をカットすることをメインにお話してきましたが、確かに日差しを遮ることで大きな効果は発揮されますが、もう一つ近赤外線を遮断すれば、夏場の室内の気温上昇に歯止めがかけられ、冬場窓から気温が逃げるのを防ぐ手立てだできれば経済的に財布の中がちょっと楽になります。
 
折角窓ガラスを交換して紫外線を防いでも、窓ガラスを変えなくてもフィルムやコーティングをして紫外線を防ごうとしても、夏場暑くて窓を開けて換気していれば、紫外線は家の中に飛び込んできては本末転倒になってしまいます。
 
そう考えると、何もせず昔のガラスのままでいるより、少し手を加えるか、完全に窓ガラスを入れ替えることで、電気代の節約=資源の無駄使いが減る・わずかでも二酸化炭素の排出を減らすのに僅かでも協力できるなどエコロジー効果が期待できそうです。
 
自分の紫外線対策から、世の中のエコロジー活動まで窓ガラスを通して見ることができましたが、
 
 
 

最後に

自分と自分の家のためにできる紫外線対策を色々見てきましたが、補足で遮熱や結露、ミラーにしてプライバシーを守るなどの効果も追加できるということが分かりました。
 
そして、何も紫外線対策をしていないと室内でも日焼けすることもよくわかったと思います。まさか室内で日焼け止めクリームを塗るのもなんだかな気が引けますが、窓ガラスに手を加えるだけで済みますので、自分の住まいに合った対策を練ってくださいね。
 
それでは快適な生活をお送りください!
  
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 生活情報