あっとすしでほっとして

よもぎ餅と草餅は何が違う?よもぎの効能と店ごとの餅の違い

      2016/02/02

春に食べたくなるスイーツの一つよもぎ餅がありますが、地方によって食べ方は色々あると思います。例えば、きな粉をつけるとか、餡を中に入れるとか入れないとか。
 
食べ方は好き好きですが、よもぎ餅と並んで春に定着したスイーツに草餅という食べ物もあります。どちらも緑色をしたスイーツで餡もきな粉も付けて食べますが、何が違うのでしょうか?
 
そんなよもぎ餅と草餅の違いについて紹介します。
 

スポンサードリンク

 

よもぎ餅と草餅の違いとは?

よもぎ餅も草餅も昔から日本で親しまれてきた春の和菓子ですが、
違いを知るためには、それぞれどんな和菓子なのか確認していきます。
 
 
〇ヨモギ餅とは
よもぎの葉を混ぜた餅のことで、上新粉やもち粉で作りますが、最近では簡単に作れるという理由や、柔らかい食感が好まれることから白玉粉で作る人やお店が多くなっています。
 
食べ方は、よもぎ餅と餡を合わせる食べ方が日本全国で主流となっていますが、中に餡を餅で包んだり上に乗せたりして食べています。

また、餡に次いで多い食べ方は、きな粉をまぶした食べ方とそのまま食べる食べ方などもありますが、他にももち米を荒く潰した餅によもぎを混ぜたものもあります。
 
どちらも形や食べ方はともかく、よもぎを混ぜて作った餅をよもぎ餅と呼びます。
  
 
〇草餅とは
近年では・・・・といっても江戸時代中頃になりますが、その頃から”よもぎ”を使った餅の事を指しています。上新粉を使って作りますが、最近では白玉粉やもち粉を多めに作るようになってきました。
 
食べ方はよもぎ餅と同じように餡子やきな粉をつけて食べることが多いですが、焼いたり、雑煮にしたり、そのまま食べたり、スイーツだけでなく食事として食べてきました。
 
この草餅の歴史は非常に長くて、平安時代850年頃には「?(もちい)」と記して「クサモチイ」と記述に残っています。そして、この頃の草餅にはよもぎは使わずにハハコグサ(母子草)を使って作っていました。
  
 
ハハコグサ(母子草)は春の七草として有名ですが、薬草としても重宝された野草を使った、当時の健康と七草にちなんだ食べ物でしたが、
江戸時代に入ってから「ハハ(母)とコ(子)」を一緒に煮るのは縁起が悪いため、よもぎを使って作るようになったといわれています。

また、別な説として、中国ではよもぎは寿命が延びるという思想から、春の節句つまり3月3日に用いられるようになりました。
 
※母子草(ははこぐさ)とは、春の七草のひとつ御形(ごぎょう)の事です。
 
 
〇現在のよもぎ餅と草餅とは
つまり、上新粉や白玉やよもぎを使いことから、原材料も同じ・食べ方も同じという、現在では”よもぎ餅も草餅も同じ食べ物ということです。
 
強いて分けるとすると、
よもぎ餅は、餡子や砂糖をまぶしたきな粉の和菓子。
草餅は、和菓子の他に、焼いた餅やぜんざいなど、薄く伸ばして切った普通の餅と同じように食事として食べることも多い。というわずかな違いがあるくらいでしょう。
 
 

スポンサードリンク

よもぎの効能

古代中国ではよもぎは重宝されていて、”薬草”として食べてきましたが、”お灸”としても長く使われてきました。日本に使わってきたのは約600年頃といわれています。
 
また、戦争時代マラリアに感染してもキニーネ(マラリアの治療薬)が不足していたので、多くの人が命を落としましたが、よもぎの絞り汁は発熱に効くことから、キニーネの代わり飲むことで命が救われたことがあったといわれています。
 
 
〇よもぎとはどんな植物?
世界中には約250種類・日本には約30種類のよもぎがあり、主に北半球に分布しています。
 
キク科ヨモギ属で多年草の植物で、別名をモチグサ・エモギ・サシモグサ・サセモグサ・サセモ・タレハグサ・モグサ・ヤキクサ・ヤイグサなど色々な呼び名があります。
また、お灸で使う「もぐさ(艾)」とも呼ばれ、よもぎから精製したもので止血にも用いられてきました。
 
  
〇食物繊維
ほうれん草の約10倍含まれているといわれています。
 
 
〇クロロフィル
この物質はがん予防に役立つといわれていて、クロロフィルを与えることによって染色体異常の発症が抑制されたと報告されています。
この染色体異常抑制の効果とは、「がん細胞は一種の染色体異常と考えられている」からです。
 
 
〇コレステロール値低下
ご存知の通り、悪玉コレステロールが増えると「動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞」などの原因となりますが、先程のクロロフィルがコレステロール値低下をさせて、善玉コレステロール値を上昇させる働きがあります。
またコリンやシオネールといった成分も含まれていて、これらの成分もコレステロール値を下げる成分の一つです。
 
 
〇美肌効果
腸に溜まっている残留物(重金属・残留農薬など)を排出してくれることから腸から肌を健康にしてくれるといわれています。
 
昔から切り傷など、肌の表面にできた傷を治す薬草として使われていましたが、傷んだ肌を表面からお手入れをしてくれる効果や血行促進効果から”よもぎ蒸し”という人気の美容法ががあります。
最近では「骨盤・子宮周りを温める、骨盤リラックス」や「自宅でよもぎ蒸し」ができる【温活】丸型クッション よもぎ蒸しセット 【送料無料】【座浴】【よもぎ蒸し自宅】などもあります。
 
 
〇皮膚炎やアトピーに
ゆっくりと入浴して汗をかくことがアトピーなどの皮膚炎に効果があると考えられています。よもぎの葉をお風呂に入れると、元々薬草として食べるだけでなく切り傷など肌の治療にも用いられてきたので、より高い効果が期待されています。
 
 
 

よもぎ餅と草餅 美味しいお店の違いを比べる

よもぎ餅にも色々な形がありますが、代表的なものになります。

※よもぎ大福とありますが、いわゆるよもぎ餅の一つとなります。
 
焼いて食べる、普通のお餅のようなよもぎ餅→ 
【黄金餅本舗のお餅(おもち)】6種類おためしセット(白餅、よもぎ餅、玄米餅、黒ごま餅、青のり餅…」のようなものがあったり、
 
京都のお店では、逆に餅を餡で包んだもの→ 
【全国送料無料】 木箱入り『ひととき』 餅入つぶ羊羹5個・よもぎ餅入つぶ羊羹5個  贈り物ギフ…」などもあったりします。
 
などがありますが、お店によって商品名もあるので、よもぎ餅でも「AA店のAA餅」といっているところもあるのでちょっと紛らわしいですが、どれもよもぎ餅となります。
どこもよもぎを使ったお餅なので、是非色々お試し下さい。
 
 

よもぎ餅と草餅まとめ

よもぎ餅とは、よもぎ(蓬)から作った餅のこと。草餅とは、ゴギョウ(御形)つまりハハコクサ(母子草)から作ったもののことでしたが、よもぎを使うようになりました。
 
どちらもよもぎと上新粉や白玉粉を使って作られているので、今ではよもぎ餅とは同じ食べ物のことです。また、形が違っても別な地方でもよもぎ餅で、幅広くよもぎを使った餅全般を指しているということになります。
 
細かいことは抜きで、美味しいよもぎ餅をお楽しみ下さい。
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 食べ物に関して