あっとすしでほっとして

日帰りで紅葉と温泉を楽しむ 富士河口湖紅葉まつり

      2016/07/12

  
913 koyo2
 

秋には日帰りで紅葉を見て温泉につかりたい!と思いませんか?そんなときおすすめ場所の一つ、富士山の麓の河口湖周辺があります。
毎年11月1日頃から勤労感謝の日の23日まで「富士河口湖紅葉まつり」の見どころと会場近くの温泉スポットを紹介しますね。
 

スポンサードリンク

 

日帰りで行く富士河口湖紅葉まつり

1998年に始まった富士河口湖紅葉まつり、例年では毎年11月から約3週間開催します。昼は富士山と紅葉を、夜はライトアップされた紅葉をを楽しむことが出来ますよ。
 
開催場所と例年の期間
場所は河口湖の北の湖岸沿い、もみじ回廊を中心に紅葉が見れます。また、周辺には美術館や温泉が数件ありますので、紅葉と散策以外にも観光が楽しめますよ。また、期間中の駐車場は有料ですが増設されるので、ご利用くださいね。
参考までに、例年の”開催期間”と”開催時間”など開催基本情報をご紹介しますね。
 

開催期間の目安にどうぞ
2015年は、10月31日(土)~11月23日(祝)
2016年は、11月1日(土)~11月f23日(祝)
 
開催時間の目安
朝9時~夜10時 
※ライトアップは夕方4時半頃~夜10頃
 
会場場所:河口湖畔 もみじ回廊周辺(河口湖美術館通り)
入場料:無料
 
問い合わせ先:
富士河口湖町観光課
TEL:0555-72-3168
 
 

日帰りで紅葉を見るなら・・・

日中と夜の見どころは少し変わりますが、車があるなら「紅葉トンネル」がおすすめ!
場所は河口湖北東のライトアップされれる会場から湖沿いに西へ向かってください。地図上では湖の南側と北側が最も狭まる付近に位置しています。
日中、紅葉と富士山を眺めるなら、おすすめの一つですよ。
 
ライトアップは毎年夕方4時半頃から始まりますが、綺麗に見えるのは辺りが暗くなってからです。
そして、例年の紅葉の見頃となる10月下旬~11月上旬に暗くなるのは、夕方5時半頃~6時頃からがおすすめですよ。因みに会場は、徒歩で大体1~2時間で周る事が出来ます。
 
夜6時~7時頃会場を出て、軽く温泉で休めば、多少渋滞も解消されているでしょうから、関東や東海付近なら日帰りができますよ。
 

スポンサードリンク

 

富士河口湖紅葉まつり会場への行き方

車:
中央高速 河口湖I.Cから約10分
東名高速 御殿場I.C → 東富士五湖道路経由富士吉田I.C下車約15分
 
電車:
JR中央本線 大月駅乗り換え富士急行線 河口湖駅下車 → バスで約25分
 
シャトルバス:
紅葉まつり期間中は、毎日運行しています。
河口湖駅から広瀬・久保田一竹美術館前バス停まで運行
 
路線バス:
河口湖駅→ 河口湖周遊バスで約25分
富士急行線路線バス→ 「大石プチペンション村行き」「広瀬・久保田一竹美術館前バス停」約20分。
 
 
 

紅葉まつり会場近くの日帰り温泉

・野天風呂天水
日帰り入浴ができて飲泉所、食事もできます。
地元に人気の天然温泉のお持ち帰りもできるようですよ。 
※温泉水を持ち帰る入れ物は、ご自身でご用意ください。
 
山梨県南都留郡富士河口湖町河口2217-1
TEL: 0555-76-8826
 
・露天風呂の宿 開運の湯
山梨県南都留郡富士河口湖町6713-22
TEL: 0555-73-2228
 
・河口湖西川温泉 麗峰の湯 
源泉垂れ流しの日帰り温泉。石鹸、シャンプー、タオルなどは持参してください。
 
山梨県南都留郡富士河口湖町河口字湖辺2720-2
TEL: 0555-76-7222
 
 

まとめ

都心から日帰りできるリゾート地も近年は、海外から観光客が大勢訪れるようになったので、国際色豊かな紅葉狩りも新鮮かもしれないですよ。
 
そんな環境で富士山を眺め、紅葉を鑑賞、温泉につかって、周辺を観光したら・・・・毎日こんな生活をしてみたくなってしまうかもしれませんネ。
 
それでは、今年も秋をお楽しみ下さい♪
 
 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 紅葉