あっとすしでほっとして

引越しの準備で荷造りのコツとは?当日までにやることの順番

      2016/02/19

引っ越しは忙しくなるので、手順はできるだけ整えておきたいものですよね。
 
業者に頼む人や、自分で引越しをする人も、
最終的には自分で収納や整理をするので、
ある程度は自分で準備をするといいでしょう!
 
そこで、引っ越しの荷造りや手順の紹介をします。
  

スポンサードリンク

  

引越しの準備 荷造りのコツ

引越しをするときに1番手間がかかるのは、
荷物を運ぶ時でなくて、荷物を詰める時が最初に当たる最大の難関です。
 
 
なんといっても、数年暮らすだけでいろんな物が貯まっていくものです。
梱包しながら、
 
「こんなのあったんだっけ?」
「懐かしいなー、こんなのあったな・・・・」
「これ、まだ使える?買いなおす?」
「こっちのは、とっておこうか処分しようか・・・・?」
 
こんな具合に、梱包するのに手間取って、
なかなか進まないという経験は、殆どの人がしているようです。
 
 
引越しを楽にする1番のコツは、”できるだけ処分をする事”です。
 
処分にも色々あって、
1、ゴミとして捨てる
 
2、リサイクル業者に売るか、引き取って貰う。
 
3、消費できるものは、使い切る。
 
 
”1”は簡単。思い切って捨てて下さい。
絶対に必要・たまに使う・使わないけど欲しいもの → 梱包しましょう!
持って行こうかやめようか・使ったこと無いけどどうしよう? → 捨てる方向で保留
1年に一度使うか使わないか・古いもの・壊れそうな物 → 思い切って捨てる!
 
こんな具合に自分の中で等級を付けて処理していくと、
作業が少しはましになると思いますよ。
 
手放してしまっても、また買いなおせばいいのです!
 
 
”2”は難しいところです。引越し先でも家電製品は使うし、
中には安くない物もあるでしょう。
 
ただ、引越し代金は、”量と重さ”で決まりますから、
下手に持って行くより、売ったお金と安くなった分を足して、
新品を買いなおす方が、得な場合もあります。
 
業者に頼むなら、見積もりを取ってどちらが安く簡単に済ませられるのか、
大雑把に計算してみると良いでしょう。
 
自分で引越しをするなら、古いか不具合がないかなど、
状態によって決めればいいと思います。
ただ”手間をとるか、買いなおすか”は財布と相談して決めて下さい。
 
 
”3”は、食べ物や洗剤・シャンプー・石鹸などです。
食べ物は2~3週間前から使い切るようにして、
最後の2、3日は調理しないで済むようにすると良いですよ。
 
洗剤・シャンプー・石鹸は、引越し当日に流しに捨てて、
新しい住まいで買いなおしても良いでしょう。
でも石鹸だけは引越しで汚れますから、
ギリギリまで使うか、引越し先に持って行くのも一つの手です。
 
 
因みに、リサイクリングショップのコツは、
・大きいリサイクルショップでは、古い電化製品や家具は買取してくれないところが多いです。
 
個人でやっているような、リサイクルショップに引き取ってもらいましょう。
売れないものはシブるでしょうが、
「不用品を全部持って行ってほしい」
と押して、売れるものと処分品をまとめて引き取ってもらえば、自分で処分する”手間と料金”がかからなくなります。
  
  
梱包のコツ!
・3週間くらい前から使わないものから箱に詰め始めます。
 
・箱に中身を記入、もしくは紙に記入して貼り付けます。
 
・1~3までの3段階の番号を決めておきます。
最初に梱包し始めたものは”1”
1週間くらい前まで使っていたものを”2”
引越し当日付近まで、毎日使うものは”3” 
 
と付けて置けば、引越し先で直ぐに必要なもの、 
つまり最後に梱包した”3”から荷を解き始めればいいだけなので、
目印に従って整理するだけで済みます。
 
・本やアルバムなど重いものは、分散させましましょう。
例えば衣類と本の箱を5箱とか、タオル関係と重いもののセット2箱など、
荷物を運ぶとき、運び易さに格段の差がでます。
 
・食器は最低限残しておくだけにして、
早々に新聞紙などに包んで梱包すると後が楽になります。
実は結構手間がかかる作業ですから・・・・
 
 
段ボールなど詰める箱について
引越し業者に頼む場合は、
「段ボール・テープ・荷を縛る紐」などを無料で用意してくれる業者が多いです。
見積もりのときに確認してみて下さい。
渡されたもので、どんどん準備をしていきましょう!
 
自分で引っ越しをする場合は、
「スーパーなどに行けば貰えます。」
「ホームセンターで購入できます。」
「今後使えそうなプラスティックのケースを買っておく。」
プラスティックのケースなら引越し先でも、衣替えの時などで使えます!
 
※次は、引越の準備期間中に荷造り以外に進める事についてです。
 
 
 

引越の準備期間中に荷造り以外に進める事

引越しが決まると、とにかく荷物を移動できるようにまとめますが、
同時にやらなければならないことがあります。
 
 
役所関係の手続きと、ライフラインの手続きがあります。
 
役所関係でできることは

・手続きの下調べ、
・申請用紙の準備
・申請料金の準備
・印鑑登録の抹消と新設の準備 (自動車やオートバイクがある人) 
 
1~2週間前から申請に必要な書類を確保して、記入する準備です。
先ずは、分からないところや手順に関して質問に行って、書類を貰ってきましょう。
 
この時に”役所関係”というフォルダを作って、一まとめにしておくと分かり易いです。
住所変更にかかる代金も封筒に入れて一緒にしておくと、当日便利ですよ。
 
 
ライフラインで事前にできることは、”電気・水道・ガス・通信回線”
・これら4点の閉設準備
・同じく、新住所で4点の開設準備
 
1~2週間前から連絡し始めて、引越し日を伝えて手順の確認をして下さい。
この時に、引越し先で各種回線や口座の開設について質問や準備をしておくと、
引越ししてからスムーズに新生活がスタートできます。
 
電気・水道・ガス: 各関連会社へ連絡してください。  
通信回線: テレビ、固定電話、インターネット、携帯電話など
  
役所同様、
・電気・水道・ガスのフォルダ
・通信関連のフォルダ

を作って管理しておくと便利です。

自動車を持っている人
・自動車の住所変更準備
・引越し先での駐車場の確保・契約 
・運転免許証の住所変更準備
 
急いで引越し先の駐車場と契約書の確保を進めて下さい。
腰が重くなる前に、警察署へ早々に届出ると後が楽になります。
 
役所で印鑑登録の手続きの準備をして下さい。
 
殆どの作業は引越し先で忙しくなります。
事前に準備と手順の確認をしておきましょう!
 
→ 自動車の引越し手順について
 
※次は、引っ越しの準備でやることの順番についてです。

スポンサードリンク

   

引っ越しの準備でやることの順番

〇引越しが決まったら → 自分で行うか / 業者に頼むか 
 
業者の場合
1、各業者へ連絡やインターネットで見積もりをとります。

2、見積もりに来てもらってください。
オンラインでは分からない細かいサービスや人柄など見れます。
価格の交渉が出来ます。これが非常に重要!

3、少しでも安く済ますには、  
1か月以上前に予約すると、10%割引してくれるところが多い。
平日だと比較的予約が少ないので、交渉しやすい。
”2”の見積もりに来てもらった時に交渉や相談して下さい。
見積もりの最低金額を伝えて、それより安く済ます方法を考えてもらえます。
  
※注意点
2月~3月、8月、10月のように、
新生活や連休がとりやすい時期は、予約で埋まってしまします。
また、週末や月末もわりと混みます。
 
新生活は既に決まっているので、
早めに引越しの予約を入れることが重要です。
 
 
※インターネットで一括見積するなら ↓
1度の電話で、複数の見積が揃う引越し見積もり比較サイト【引越しラクっとNAVI】

 
自分で行う場合
自分のペースで進めて結構ですが、
もしトラックを借りるなら、早めに引越しの予約を入れることが大切です。
 
業者に頼む人と同じように、安く済ますために自分で行う人も沢山いるので、
丁度良いサイズのトラックや車は早めに予約されている可能性が高いです。
 
1、引越し日の決定
2、トラックの手配 早期予約割引がある会社もあります。
3、梱包する箱などの入手
 
 
〇引越しの手順
3週間前:
梱包開始、季節もの・普段使わない押し入れの物、使用頻度の低いもの
  ↓

1週間前:
買い物を減らして、冷蔵庫にあるものの処理
あるものを中心に食べ尽くす!
封をしないで全て箱に入れて、必要なとき箱から取り出して使う
  ↓

2~3日前:
いつでも出られるように荷物をまとめて置く
部屋の掃除
リサイクルショップにできるだけ沢山引き取って貰う
料理をしないようにして台所の片付けと梱包
  ↓

当日:  
引越し作業・役所で転移の手続きなど
  ↓

後日:  
新住所先で各種住所変更の手続き
 
 

最後に、引越しの準備について

梱包にはどうしても時間がかかりますが、それは仕方ありません。
先ずは、使わない季節ものや、大切な趣味の物などから梱包をしていきましょう。
 
※コツは
・大物はできるだけ手放して、買いなおす!
・使わないものから梱包!
・箱には内容物と3段階・優先順位を書き込むか、別紙に書いて張っておく!
・書類は事前に用意しておいて、すぐに申請できるようにしておく!
 
あとは、根気がいる作業ですから”義務”と思わず、
”整理”とでも思って、楽しみながら準備を進めて下さい。
 
それでは、素敵な新生活が始まることを応援します。
 
 
類似記事
→ 引越しの手続きの順番   
→ 自動車の引越し手順に関して 

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 生活情報