あっとすしでほっとして

自動車の引越し手順と証明書やナンバープレートの変更方法

      2016/03/04

引越しは、荷造りや住民票などの手続きや、電気・ガス・水道の閉設と開設などやることが盛りだくさんです。しかも、車やオートバイクを持っていく人は、更に手続きが必要で大変!
 
一番手っ取り早いのは、代行業者に委託することですが、引越しで出費がかさんでいますから、できるだけ出費は控えたいところです。
 
でも、手順さえわかれば後は簡単なものなので、自動車やの引越し手続きの紹介をします。
 

スポンサードリンク

 

自動車やバイクの引越しの手順

自動車と一緒に引越しをする場合、役所や警察署、運転免許試験場など行かなければいけないし、ガス・水道・電気などの手続きもしなければいけません。
 
 
引越し代行業者に頼めば簡単ですが、自動車の届出の手数料や登録料のほかに、委託料がかかるなど、結構お金がかかります。
 
でも、実はこの手続きはとても簡単。
 
届出をする場所、手順、準備する書類など、やり方さえわかれば誰でもできるものです。
 
 
それでは、手順の案内を簡単にします。
 
〇住所変更の手続き
1、車庫証明の取得 (警察署)
   ↓
2、住民票の取得 (役所)
   ↓
3、書類作成 (陸運局) 
 
※印鑑は認印で大丈夫です。
 
 
たったこれだけの作業です。
 
車を持っていなくても運転免許証を持っている人は、
引越しのときに警察署と役所へ行かなければいけません。
 
だから、警察署と役所の場所は良く判っているでしょう。
陸運局は滅多にお世話にならない場所だから、
どこになるか分からないと思います。
 
また、地方によっては陸運局が無い市区町村があって
県の陸運局とその支店で手続きを行う場合があります。
 
住民票の変更届けをするとき、
役所で場所や状況を確認するといいですよ。
 
 
 
そこで、車・自動車免許の変更の流れをもう一度整理します。
 
1、役所
住所変更届け
印鑑登録の届け   
住民票・印鑑証明を取得して下さい。 
    ↓
2、警察署
免許証の住所変更
車庫証明を取得して下さい。   
    ↓
3、陸運局 
車検証の住所変更届け
書類作成・提出 
 
とこのような流れになります。
 
大切なのは、
”住所変更をした日から15日以内”に陸運局へ届けて下さい。
遅れても罰則はありませんが、
自動車英税に関して後々面倒なことになるかもしれません。
 
※次は、役所と警察に届出る印鑑証明書と車庫証明についてです。

スポンサードリンク

  

役所と警察に届出る印鑑証明書と車庫証明

〇印鑑証明書について
新住所を管轄する役所に届出ます。
 
変更届が必要ない場合、
同じ管轄する役所の地域内の引越しの場合です。
 
変更届が必要なのは、
管轄する役所が変わる市区町村の外に出る場合です。

1、旧住所で登録された印鑑登録を廃止
2、新住所で印鑑を登録
 ※登録する印鑑を持参する事。
 
・印鑑登録の申請料  200円~500円くらい
 
・印鑑証明書の発行料 200円~400円くらい
 
・印鑑登録証・カードの再発行 300円~600円くらい
 
※どの料金も、地域によって金額が異なります。
 
  
〇車庫証明
1、駐車場の契約をします。
・見取り図や契約書類の入手
 
 
2、警察署へ申請する書類一覧
・自動車保管場所証明申請書 (警察署で入手)
 
・保管場所標章交付申請書 (警察署で入手)
 
・保管場所の契約書 (駐車場の契約書)
 
・保管場所の所在図・配置図
(使用する駐車場の住所と駐車位置が確認できるもの)
 
※交付されるまで、申請から3~7日間を要します。
 
 
3、申請して発行される書類一覧
・自動車保管場所証明書 (車庫証明書)
・保管場所標章番号通知書 (大切に保管してください。)
・保管場所標章 (車の後部ガラス等に貼ります。)
 
 
4、申請代
申請手数料   約2,100円
標章交付手数料  約500円
 
 
※次は、陸運局に届出る車検証とナンバープレートについてです。
 
 
 

陸運局に届出る車検証とナンバープレート

変更手続きに必要な書類
 
・自動車検査証(車検証)
 
・申請書(陸運局にあります)
 
・手数料納付書(印紙を陸運局で購入します)
 
・自動車保管場所証明書(車庫証明書のこと、発行されて1ヶ月以内)
 
・新住所を証明する住民票(発行後3ヶ月以内のもの)
 
・自動車税申告書(陸運局にあります)
 
・印鑑(認印)
 
 
〇手続きにかかる費用
・検査登録印紙代 350円
 
・車庫証明証紙代 2500円前後(地域によって異なります)
 
・ナンバープレート代(2枚)1500~5000円(地域によって異なります)
 
 
 

最後に、車の引越しについて

自分で申請する方法を紹介してきましたが、
代行業者の頼む場合は、法的に許可された行政書士が引き受けられますので、
格安業者など、法的に手続きを行える資格を保有しているか、
確認することをお勧めします。
 
 
依頼料の例;
車庫証明 書類作成・提出代行 15,000円
住所・名義変更・提出代行   15,000円  
 
この他に、各種手続き手数料がかかってきます。
 
引越しで大金が動くときですから、
手間を省くために業者へ頼むか、費用を抑えるために自分で行うか、
お財布と時間と相談して決めて下さい。
  
新居地でも、快適なドライブをお楽しみください。 
  
 
類似記事
→ 引越しの手続きの順番   
→ 引越しの準備、荷造りのコツ    

スポンサードリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 - 生活情報